読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログの先にいる命をつなぐ医療者と医療を求める患者

どもー代表の峯です。今週はちょっとうれしいことがありました。

ひとつはメディラインが売れ始めてきたこと。今までは、無償のトライアルどまりだったのが、ここに来て、有償契約へのコンバージョンが確実に増え始めています。今までは私の友人などを通じて広がっていましたが、ここにきて五百川が頑張って広報やってる成果もあり、メディア露出による獲得が増えてきている印象です。

直近で言えば、LINQUAという医療サイトにメディラインを愛用していただいているドクターとの対談が載りました。いずれにしても認知され、求められつつあると確かな手応えを感じます。

linqua.jp

5月からはいよいよ、メディラインも弊社の製品ナンバーがが与えられ、先行プレビュー版から、正式商品としてリリースされます。すでに50以上の医療施設に導入いただき、医科大からクリニックまで多くの施設で稼働しています。

利用者の急増もあり少なからずトラブルも経験しました。メディラインの特徴は日中よりも夕方から夜間にかけての利用が急増する点です。きっと患者の急変や緊急往診依頼などホットラインとして利用されているのでしょう。

f:id:sharemedical:20170429080931j:plain

私は監視ツール上で徐々に上昇する数値に固唾をのみながら考えます。これがゲームとかなら利用が伸びることは嬉しいでしょう。でも、メディラインは違うのです。この数値の先に今も命をつなごうと必死の医療者が居て、そして医療を求める患者さんが居るのです。素直には喜べません。ですが日夜奔走する医療者に感謝しつつ、彼らを支えるインフラとして私の果たすべき役割ははっきりしています。私は時々スタッフやお会いするお客様にこう申し上げることがあります。

「メディラインが急に失われれば、最悪患者さんが亡くなるかもしれないのです」

我々の扱っている製品はたんなるチャットツールではありません。命と命を"つなぐ"大切なホットラインなのです。それを提供し続けることが弊社の誇りであり責任だと考えます。