読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感の輪が広がること

どもー代表の峯です。22日は「創業ストーリーアワード」の受賞式でした。その時の様子は五百川が書いてくれてます。賞なんて小学校の図工でもらった時以来じゃないですかね?、なので純粋に嬉しいわけです。

sharemedical.hatenablog.com

でもですね、本当に私でいいのか?という思いはありました。受賞式のスピーチでも同じようなことをお話させて頂きましたが、そもそもこの創業ストーリーアワードに応募するきっかけについて、少しお話しましょう。

秘めた想い

私の中の時計はまだ、あの日ーー3.11から止まったままです。まもなく4年目を迎えます。そう考えるだけで胸が締め付けられるように痛くなります。私は自分で創業時の想いを語ったことは殆どありません。ある日、総務・人事を任せていたスタッフの五百川が、求人サイトの担当者からの取材をセットしたくれたんですね。その時不意に聞かれたんです。「創業秘話とかありますか?」

正直困惑し、言葉に詰まったのを覚えています。でも話さないのも不自然ですし、適当に言って不真面目と思われては求人の応募が少なくなるかもしれない・・

そう考えて少しずつ言葉を選び話しました。途中、あの津波の光景が脳裏にフラッシュバックし、何も出来ずテレビの前で絶望するしかなかった自分が蘇ってきました。涙を堪えるのがやっとでした。でも話し出すと止まらない、あの時の、自分のキャリアも、信じていた医療ICTも何も役に立たなかったこと、そして何も出来ない苦しい想いは二度としたくない、なので起業したと・・担当者も黙って聞いてくれました。

でも本当に聞いていたのは・・

後日、五百川とミーティングしていたら、最期に真剣な顔をして、お願いがあると、言うんですね。続けて私を社員にして欲しいというんです。私はびっくりしましたよ。当時、五百川はフリーランスで、どこかに務める気は無いと聞いていたから・・・

あの日、取材で私の創業秘話を聞いていたのは求人サイトの担当者だけではなかった、そう、もう一人五百川が隣で聞いていたのです。

そして「創業ストーリーアワード」に応募したいと。だからもっと詳しく聞かせて欲しいというのです。ビックリしすぎて私は「はい!お願いします」としか言えなかった。

ずっと人が居なくて、私は多忙を極めていたし、限界が近いことを知っていた。特にバックヤード部門は私自身最も苦手とする分野だし、溜まった秘密保持契約書の返信すら窮するありさま。それが一気に解決したのです!

sharemedical.hatenablog.com

まさか受賞するとは!?

五百川が書き上げたストーリーは、私が書き散らしたものとは比べようがないほど綺麗にまとめてありました。はたして何か賞とれるだろうか?、でも私には根拠のない自信がありました。私は1000年に一度の地震津波に負けたのです!多少の事とでは動じません!

でも願えば叶うのです! 2月16日受賞した、しかも大賞を!という事をスタッフから聞きビックリしました!

sharemedical.hatenablog.com

二人で大喜びしたのは言うまでもありません。でもその時です、本当にこれ私がもらっていいのだろうか?と考えたのは・・・

受賞式であげちゃえ!

私は、賞そのものより、私の想いに共感したスタッフが獲得できたことがそもそも嬉しいのです。そして「創業ストーリー見ました!」と言ってくださるお客様が増えた事が嬉しいのです。

なので、受賞式のスピーチで、「これを書いたのは私ではない、私は単に物語の主人公でしか無い、だから賞を受け取る本当の人を呼びます」と壇上にスタッフの五百川を呼んだ。本当にビックリしていたけど、私は半ば強引に賞状を彼女に手渡し拍手を求めた。

f:id:sharemedical:20170222232228j:plain

辛く苦しい思いをしていたのは私だけではなかった、同じ想いを抱く方々と共感の輪が広がること、これが私が起業した時に本当に望んでいたこと、改めて気がつくことが出来ました。

すべての方に感謝します。