読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MediLineTech開催 たくさんのお客様にご来場頂きました

こんにちは!シェアメディカル広報の五百川(いおかわ)です。
1月19日に弊社で初めての医療ICTセミナーを開催しました!

昨年から準備を進め無事開催できました。代表の峯は「来場者少なかったらどうしよう・・」と悩んでたようで、私も広報として初めての自社セミナーでワクワク、でも内心は同じくドキドキでした。

f:id:sharemedical:20170126121141j:plain

でも、杞憂でした!、イベントレポートとして弊社初のセミナーイベント「MediLineTech」の来場者数などのデータと気付きと反省を公開します!

来場者数

1部:56人
2部:67人
合計:123人

平日で2部構成、さらに1部は有料(2000円)という状況でしたが、たくさんの方にお越しいただき感激です。

来場者属性

f:id:sharemedical:20170128181013p:plain

  • 医師や薬剤師、看護師、介護士などの医療者:29%
  • 医療機器・医薬品・医療サービス提供企業:22%
  • その他企業:21%
  • IT・システム開発企業:11%
  • 金融機関・ベンチャーキャピタル:10%
  • 弁護士・教員などその他専門職:3%
  • 報道・メディア:3%

平日ではありましたが、多くの医師や薬剤師などの医療従事者、ならびに医療系企業の来場が多かったのが印象的でした。
また、今回は、単純な医療IT推進という形ではなく、医療安全など、注意喚起・啓蒙など法的側面からの演題を盛り込んだこともあり、法律家や教職者などアカデミア領域の専門職の来場があったのも興味深い点です。

f:id:sharemedical:20170126120237j:plain

加えて、役職者など事業決裁権者の割合が全体の20%となるなど、事業責任者や経営層の高い注目を受けていたのも大きな特徴です。

来場者の声

終了後のアンケートでお寄せいただいた来場者の声を一部ご紹介します。また5つ星でご評価頂きました。率直なご意見を私達の糧として次につなげてまいりたいと思います。

ICTのメリット・デメリットについて現場の意見をよく聴くことができ勉強になりました。
システムを構築する上で 客観的にものをとらえる事の重要性、主体はどこにあるか的確なお話でした。
日本の医療通信事情もこれから決まりを作っていくレベルであり今後の動向に注意して柔軟性を持たせたいと思いました。
また、同様のイベントがあればお邪魔させてくださいありがとうござました。
★ エンジニア

官に近い方のお話、ICT開発者の方々のお話、実際の導入例等をお聞きでき、大変参考になりました。私共では今年から、日本の医療制度等の話題も発信していく予定です。各スピーカー方々のスピーチ内容は、社内で共有させていただきます
★ 医療ニュース

昨日は1部2部ともにありがとうございました。
大変刺激的な内容で、実践している方々のお話を聞いて、私自身も行動していこうと気持ちを新たにいたしました。
★ 薬剤師

2部しか参加できませんでしたが、大変面白く、ためになりました。個人的には情報が濃く、量が多く、その場では処理できなかったほどでした。
欲を言えば、まとめとして、1つのテーマについてのパネルディスカッションがあればよかったかと思いました。
またの機会も楽しみにしております。
★☆ 広告代理店

とても勉強になりました。有難うございます。商品売り込みではなく、ICT 化への可能性、必要性、注意点などを程よく散りばめ、良い人選が為されていると思いました。かなりお忙しく働いている姿を伺っております。お体にはくれぐれも留意し、頑張ってください。
初めての段取りの不慣れさゆえ星4つに致しました。
★★★★☆ 医療機器販売

頂いた声を参考に、今回だけでなく次回もMediLineTech開催したいと思っています。この度は、ご来場ありがとうございました。
次回もご期待下さい!!