読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き方は自由です

どもー代表の峯です。五百川から何か書いて下さいっ、言われてまして、隙間で書いてきます。よろしくお願いします。

私は、勤め人時代から机に向かって仕事するのがとにかく苦手で、常に社内プラプラ歩いては、歩きがら物事を考えるのがスタイルです。よってPCの前に座るのは、何かアイデアひらめいて作業する時となってます。なので、席に居なくても気にしないでください、どこかには居ます。

さて、私が働く大手町のオフィスには、そんな働き方を支援(?)するツールがたくさん用意されています。ちょっと紹介しましょう。

f:id:sharemedical:20170113191920j:plain

はい、どーん!、こちらはラウンジです。中央のテーブルはスタンディングでミーティングするのにちょうどよいように少し高くなってます。ダラダラ会議するの嫌いなんです。あとは、お客さんとミーティングすることもあります。

f:id:sharemedical:20170114074942j:plain

こちらは、自慢のコーヒーベンダー、某コンビニにあるのと基本同じスペックだと思います。私の体の半分はコーヒーで出来ているというくらいコーヒー好きです。なのでこちらは無料です。1杯ずつ豆から挽いてドリップするのでちょっと遅いのが難点ですが、それくらいは気持ちにゆとりを持って待ちましょう。

f:id:sharemedical:20170114075524j:plain

スタッフが帰ったあとは、コーヒー片手にここで仕事してます。WiFi完備ですからノートPCあればどこでも仕事できちゃいます。難点は居心地良すぎて帰りたくなくなっちゃう事でしょうかね(笑)
寝落ちして、翌朝、掃除のおばさんに起こされた事もあります。(〃∇〃)

まとめ

Locationに縛られないというのは社内においても同じです。特に弊社は医療IT企業です。自社のサービスに問題があれば、サービスを利用する医療者の活動を止めてしまいます。これは間接的に患者さんや、そのご家族の人生に影響を与える可能性もあるということです。(ストレートに言えば患者さんが死ぬかもしれないという事です)よって他のITサービスよりは強い倫理観と医療に対する高い熱量(コミット力)が求められます。正直ストレスフルです、でも『医者の不養生』という言葉もありますが、我々が倒れては本末転倒です。時に仮眠したり寝転がったり一人になりたいこともあるでしょう。だから、オフィス内の働き方くらいは自由でいいのです。