私心なく働く人に部下は従う

どもー代表の峯です。一週間なんてあっという間ですね。

3月に入りました。実は早々から嫌な予感が的中してしまいました。毎年3月は突然物事が動くので警戒はしていたのですが・・・この72時間、私は結構心折れてました。。。総じて順調に行っているように感じるときこそ、気を引き締め警戒する必要がありますね。

f:id:sharemedical:20170304153511j:plain

さて、私が精神的に困ったときに開くバイブルがあります。素野福次郎という経営者をご存知でしょうか?、素野は、TDK(当時は東京電気化学工業)がまだ社員4人の頃(うちと同じ!)、今で言うところのベンチャー企業だった頃からのメンバーで一貫して営業を担当し、松下電器など大手企業に販路を開拓、さらに積極的に工場の海外展開などを進めTDKを世界最大の磁気テープメーカーに育て上げた中興の祖です。

私はちょっと縁あってTDKで働いていたことがあります。これは当時社内で聞いた事ですが「1年に7回ボーナスがあった年があった」「入社数年の宣伝担当に現金数千万渡して渡米させスティービーワンダーと直接交渉してCM出演を承諾させた」「NASAから月面着陸の記録用の磁気テープの依頼があった」などなど、真偽は定かではありませんが凄いエピソードをいくつも聞きました。

松下幸之助が経営の神様なら、素野福次郎は営業の神様と言われ、知る人ぞ知る存在です。

そんな素野が社長時代に成長の秘訣を聞かれ答えたのが「企業は人間道場」という言葉です。当時TDKは急拡大で、多数の中途採用が増えていたそうで、素野は社内の結束を固めるため、社員教育を徹底したそうです。私が居たときにも、とても面白い社員研修をしていました。新入社員数人でチームを作り、仮想の通貨で竹と工具を買い、図面を引き、竹とんぼを作り、最期はプレゼンを行い、教育担当に選んでもらうというものです。
資金も時間も限りがあります、どの竹を選ぶか?、どんな工具を使うか?、そもそもデザインは、羽の加工どうすればより高く飛ばせるのか?、プレゼンはどうすれば?、たかが竹とんぼですが、その中には、仕入れ、開発、加工、販売、マーケティングと企業経営に必要なエッセンスが詰まっています。少ないチームで効率よく仕上げねばなりません。
チーム内で自然と役割が決まり、リーダーシップを発揮する者、ひたすら羽の加工に没頭するもの、プレゼン資料を作るもの、他のチームよりよい素材を持ってくる者など、役割が決まってきます。最終的にはチームワークが良いところが勝ちます。

素野は「私心なく働く人に部下は従う」「能力、学歴は関係ない」など、たくさんの語録を残しました。これは「修破離」という冊子(非売品)にまとめられ全社員に配られたと言います。営業に必要な様々なエッセンスが詰まっていて、今でも朝礼などで参考にする人もいるとか、私が居た時、幸運にも1冊頂けました。今でも私の宝物です!
私も迷う事があります。そんな時はこの冊子をパラパラめくってヒントを探します。

さて、この守破離という言葉は元々は仏教用語のようですね。「修」は師匠の御業を習って覚える段階、「破」はその習った技を自分の技として使いこなす段階、「離」はさらに自分流の工夫を加え師匠の御業を超える段階です。日本古来の師弟制度に基づくプロフェッショナルを養成するためのステップと言われてます。

私はこの「守破離」を自社の教育方針に取り入れています。と言ってもまだ数人の会社です。体系化された教育プログラムがあるわけではありません。医療の世界は奥が深いどこまでも深化出来ます。ただヒポクラテスの時代から受け継がれている医術の師弟制度と相性が良いと考えています。

そして我々は医療者の端くれです。医療者のマインドを理解し医療の世界で仕事する者の挟持を身につけるには、守破離の考え方はとてもシンプルで理解しやすいのです。

私は素野の言う「私心なく働く人に部下は従う」という言葉を信じ、日々私心なく働き、医療の世界を良くしてこうと思っています。きっと私の後をスタッフはついてきてくれると信じています。そしていつの時か、私と同列に並び、さらに加速し、そして追い抜いていってくれる。そんな守破離のある会社を実現したいと思っています。

【The Professional】のインタビュー取材がありました!

こんにちは!シェアメディカル広報の五百川(いおかわ)です。先日【The Professional】のインタビュー取材がありました。

最近では、創業ストーリーをお話する機会をたくさん頂いていて嬉しい限りです!今回は創業ストーリーに加えて、峯自身の仕事への想いやこだわりについても語らせて頂いています。

f:id:sharemedical:20170228150803j:plain

今後の目標についても様々お話させて頂きました。代表峯の想いは誰よりも強いものがあるので、話は尽きませんねw

f:id:sharemedical:20170228150842j:plain

最後は満面の笑みで写真撮影です!「写真が苦手」という峯をよそに私も横からバシバシ写真撮らせて頂きました!

こちらのインタビュー内容は来月以降に皆さんにもお届け出来るかと思いますので、掲載されましたら、改めてご紹介させて頂ければと思います。

5月開催予定!イベント打ち合わせ

こんにちは!シェアメディカル広報の五百川(いおかわ)です。詳細は明日以降に発表となりますが、5月にイベントを予定しております。そこで、本日は打ち合わせのため自由が丘にあるクリニックに訪問してきました!

本日訪問させて頂いたクリニックの先生方はとても魅力的な方々ばかりなので、是非今度ブログでもご紹介出来たら良いなと思っています。

ちなみに私は今まで自由が丘に行ったことがありませんでした。そんな私の自由が丘のイメージといったら・・・おしゃれなで素敵なスイーツ店がたくさんある!というもの。

せっかく行くんだからと、自由が丘に詳しい弊社CFOにおすすめスイーツ店を事前ヒアリングw
今回は、自由が丘初心者ということで「モンサンクレール」さんを紹介してもらいました!

会議終わりに、代表峯に「私・・モンサンクレールでケーキ買いに行きます」と告げると、甘党の峯もノリノリで一緒に!!

好きな食べ物ランキング3位以内にタルト(ケーキ)が入るほどの甘党な私なので、到着して目の前に広がる焼き菓子にはワクワクです♪でも・・肝心なケーキはすでに3種類のみ。狙っていたケーキは次回リベンジするとして、まずはお茶タイム!

f:id:sharemedical:20170228120109j:plain


「ソペクサ」優勝受賞作のセラヴィと期間限定の抹茶のモンブラン?を頂きました~

f:id:sharemedical:20170228120127j:plain

柚子の香りも広がります~

f:id:sharemedical:20170228120139j:plain

休憩のつもりでカフェに入りましたが、結局話しは未来の医療に関してです。
やりたいこと・やるべきことが無限なのでいつも話は尽きません。会議室やオフィスで話すよりも環境や場所を変えてブレストすると、思いも見なかったところから新しい発想が生まれたり、良い出会いがあったりします。今日も、「ケーキ食べたい」という思いからのブレスト時間でしたが、新しいイベントに関してや、広報戦略、新規事業の話など盛りだくさんで話をすすめることが出来ました!

一見、ただの糖分補給ですが、忙しくても新たなチャレンジを常にしていくためには、こういうブレスト時間は大切だなとつくづく感じます。

というわけで、どこかおすすめスイーツ店がある方は是非ご紹介下さいね♪

今後開催するイベント詳細に関しても、発表になりましたらご報告出来ればと思っていますので、お楽しみに!

共感の輪が広がること

どもー代表の峯です。22日は「創業ストーリーアワード」の受賞式でした。その時の様子は五百川が書いてくれてます。賞なんて小学校の図工でもらった時以来じゃないですかね?、なので純粋に嬉しいわけです。

sharemedical.hatenablog.com

でもですね、本当に私でいいのか?という思いはありました。受賞式のスピーチでも同じようなことをお話させて頂きましたが、そもそもこの創業ストーリーアワードに応募するきっかけについて、少しお話しましょう。

秘めた想い

私の中の時計はまだ、あの日ーー3.11から止まったままです。まもなく4年目を迎えます。そう考えるだけで胸が締め付けられるように痛くなります。私は自分で創業時の想いを語ったことは殆どありません。ある日、総務・人事を任せていたスタッフの五百川が、求人サイトの担当者からの取材をセットしたくれたんですね。その時不意に聞かれたんです。「創業秘話とかありますか?」

正直困惑し、言葉に詰まったのを覚えています。でも話さないのも不自然ですし、適当に言って不真面目と思われては求人の応募が少なくなるかもしれない・・

そう考えて少しずつ言葉を選び話しました。途中、あの津波の光景が脳裏にフラッシュバックし、何も出来ずテレビの前で絶望するしかなかった自分が蘇ってきました。涙を堪えるのがやっとでした。でも話し出すと止まらない、あの時の、自分のキャリアも、信じていた医療ICTも何も役に立たなかったこと、そして何も出来ない苦しい想いは二度としたくない、なので起業したと・・担当者も黙って聞いてくれました。

でも本当に聞いていたのは・・

後日、五百川とミーティングしていたら、最期に真剣な顔をして、お願いがあると、言うんですね。続けて私を社員にして欲しいというんです。私はびっくりしましたよ。当時、五百川はフリーランスで、どこかに務める気は無いと聞いていたから・・・

あの日、取材で私の創業秘話を聞いていたのは求人サイトの担当者だけではなかった、そう、もう一人五百川が隣で聞いていたのです。

そして「創業ストーリーアワード」に応募したいと。だからもっと詳しく聞かせて欲しいというのです。ビックリしすぎて私は「はい!お願いします」としか言えなかった。

ずっと人が居なくて、私は多忙を極めていたし、限界が近いことを知っていた。特にバックヤード部門は私自身最も苦手とする分野だし、溜まった秘密保持契約書の返信すら窮するありさま。それが一気に解決したのです!

sharemedical.hatenablog.com

まさか受賞するとは!?

五百川が書き上げたストーリーは、私が書き散らしたものとは比べようがないほど綺麗にまとめてありました。はたして何か賞とれるだろうか?、でも私には根拠のない自信がありました。私は1000年に一度の地震津波に負けたのです!多少の事とでは動じません!

でも願えば叶うのです! 2月16日受賞した、しかも大賞を!という事をスタッフから聞きビックリしました!

sharemedical.hatenablog.com

二人で大喜びしたのは言うまでもありません。でもその時です、本当にこれ私がもらっていいのだろうか?と考えたのは・・・

受賞式であげちゃえ!

私は、賞そのものより、私の想いに共感したスタッフが獲得できたことがそもそも嬉しいのです。そして「創業ストーリー見ました!」と言ってくださるお客様が増えた事が嬉しいのです。

なので、受賞式のスピーチで、「これを書いたのは私ではない、私は単に物語の主人公でしか無い、だから賞を受け取る本当の人を呼びます」と壇上にスタッフの五百川を呼んだ。本当にビックリしていたけど、私は半ば強引に賞状を彼女に手渡し拍手を求めた。

f:id:sharemedical:20170222232228j:plain

辛く苦しい思いをしていたのは私だけではなかった、同じ想いを抱く方々と共感の輪が広がること、これが私が起業した時に本当に望んでいたこと、改めて気がつくことが出来ました。

すべての方に感謝します。

Uberが便利すぎる!

どもー代表の峯です。

昨日は、創業ストリーアワードの受賞式に臨みました。会場のお台場のtheSOHOは想像以上にラグジュアリーでカッコイイので、実は私もちょっと心惹かれたんですが、多分居心地良すぎて帰らなくなっちゃうかもしれないので諦めました。

さて、大手町からお台場までは、距離的にはそんなに離れていません。ですが、電車の乗り継ぎがイマイチでして、なんだかんだで1時間弱かかります。行きは電車で行きましたが、帰りはちょっと悩んでました。というのも、私も五百川も、それぞれ後ろに予定を控えていたのです。急いでオフィス戻る必要があったのですが、電車では間に合いません!

f:id:sharemedical:20170223220107j:plain

そこでUberを呼びました。theSOHOのあるお台場付近は、昼は見晴らしもよくロケーションは最高なんですが夜になるとトラックしか走ってないので、流しのタクシー捕まえるのは至難の業です。

アプリでポチッと呼ぶと約20分くらいでやってきました。

今回来たのは日産の高級車FUGAでした。タクシーと違いドアも自動ではありません。私は小市民なので自分で開けちゃいましたが、本当は運転手さんが開けてくれるんです。こんな高級車は滅多に乗る機会は無いのでテンションMAXです!

オフィスまではレインボーブリッジ渡って夜景を堪能しながら20分くらいだったでしょうか、あっという間でした!

f:id:sharemedical:20170223220903j:plain

うちのオフィスがあるグランキューブの車寄せに静かに到着。ビルのドアマンさんがドア開けてくれました。もうね、最高です!

ここまでやってもらって料金的にはクーポンもあったので1500円引きで、4900円。タクシーだったら大体4000円くらいでしょう。料金的にはほとんど変わらず、でも満足度は桁違いに違います!

時間を買う

さて、タクシー(ハイヤー)なんて贅沢な!と思われた方も居ると思います。でもちょっと考えて下さい。自分の給与を時給に換算した事ありますか?、1時間何も出来ず移動に当てるか?、20分で戻って40分仕事するか?、場合によっては車内でノートPCで仕事もできます。どちらが費用対効果あるでしょう?人間にとって一番の贅沢品は時間なんです。

Uber名前は知ってても東京で乗れるというのを意外と知らない人も多いので、是非体験してみて下さい。便利すぎて病みつきになりますよ。

1500円無料になるクーポンもらいましたので、よければ使ってみて下さい。

https://www.uber.com/invite/j1uxgr

広告を非表示にする

創業ストーリーアワード受賞式に参加しました!

こんにちは!シェアメディカル広報の五百川(いおかわ)です。先日ビズシード社主催の創業ストーリーアワードの受賞をお知らせしましたが、昨日は受賞式に代表の峯と行ってきました!

f:id:sharemedical:20170223001028j:plain

sharemedical.hatenablog.com

 受賞式会場は、お台場にあるtheSOHOというインキュベーションオフィス!これがスゴイ。弊社のある大手町のオフィスもシティキャンピングというコンセプトはカッコイイと思いましたが、theSOHOは色使いや、眼下に広がる港の風景から、あらゆる調度品が洗練されていてオシャレ!

f:id:sharemedical:20170222231525j:plain

デザイナーズオフィス好きの峯はだいぶ魅了されていたようで、また引っ越す!と言い出さないか、ちょっと不安でしたが、大丈夫そうでした(笑)

f:id:sharemedical:20170222232446j:plain

少しフォーマルな席でもいつもと同じ水色のスクラブで登場。コーポレートアイデンティティをアピールするにはとても効果的、広報担当の私としては広報的効果も高いと考えてます。

受賞コメントを求められ、峯は静かに話し出します。ところが途中で、峯は私を壇上に呼びます。なんという無茶振り!

元々は峯の創業ヒストリーを知り私はとても共感しました。もちろん広報の一環でもありましたが、それ以上に多くの方に知ってもらいたいと考え、峯から聞いたヒストリーを纏めて今回のアワードに応募しました。

こんな峯自身の晴れ舞台で、いきなりぶっちゃけてしまうサプライズには、驚きましたが、一方で裏方の仕事もキチンと評価して貰えるというのは率直に嬉しいです!

更には、そのあとの休憩時間で化粧室にいこうとテクテク歩いていたら、たくさん方に「おめでとうございます!」とお声掛けして頂き、とても嬉しかったです。

f:id:sharemedical:20170222232228j:plain

最後の記念撮影は私も一緒に!良い記念になりました。

弊社は望めば大抵のことはチャレンジさせてもらえます。峯がそういう方針なんです。もし、一緒に働きたい、お仕事したいという方。または弊社の理念や想いに共感いただいた方、製品やサービスにご興味ある方居ましたらどうぞご連絡ださい。

www.sharemedical.jp



 

経営者のアイデンティティをどう法人格に投影するか?

どもー代表の峯です。弊社では毎週金曜日に経営会議をするようにしています。経営課題について議論するためです。ただ今週は結構熱い議論になりました。それぞれの立場、経験からどうするのがベストなのか?という点で主張が分かれました。

f:id:sharemedical:20170220224821j:plain

シェアメディカルのことを真剣に考えれば、どうしても熱くなっちゃいますーーというスタッフの言葉を聞いて、少し新鮮な気持ちになった。今まで・・そう、ほんの数ヶ月前、私は自分ひとりで方針を決め、行動してきた。それが正しいかどうかなんて、誰もわからない。私のカウンターパートナーは居なかった・・自分自身の内なる心と対話しきめるくらいしかなかった。それが今は、3人で話し合う事ができる。こんな素晴らしいことがあるだろうか。

人数が増えれば意思決定が遅くなるという人もいるだろう。でもそれは違う。みんな真剣なのだ、真剣だからこそ熱くなる。それぞれの知見で議論を戦わせる。

私は法人格としてのシェアメディカルの成長を実感した。そして法人格の株式会社シェアメディカルは私の手を少し離れた。それは成長ということだ。寂しくもあり嬉しくもある。子供が大きくなる親の気持ちに近い。きっと今後も幾多の困難を迎えるだろう、その都度、スタッフと共に真剣に考え、どうあるべきか舵を切ることになる。

経営者のアイデンティティを正確に法人に投影できれば、経営方針で揉めることはない。むしろどうあるべきかを真剣に考え、迅速に答えを出すようになる。そのためには経営者はより正確なビジョンを示し行動原則を定める必要がある。

この大海を進むのは、私ひとりが乗ったボートではない、多くのCrewが居る船なのだ。知恵を出し合い、時に議論になる、でもそれはビジョンというベクトルの向きが揃っていれば、全てが同じ方向に向かう、マイナスになることはないと信じている。